漫画・小説 魔法少女育成計画restart

魔法少女育成計画restart(前)小説|ネタバレ・感想

まほいくrestartを読んでみた感想

 

「魔法少女育成計画」(無印)が余りにも面白かった為

「魔法少女育成計画restart」も(前)、(後)を購入し読ませていただきました。

(というか、ファンブックも含め全て購入させていただきましたw)

 

スポンサーリンク

無印のまほいくに引き続き、期待を裏切らないストーリーになっていて

読んでいてストレスなくすらすらと進んでしまいました

 

restartの舞台は仮想空間で、簡単にまとめますと

SAOにミステリー要素が加わった感じです。

 

今回のレビューはrestart(前)になります。

あらすじやキャラ紹介のみご覧になりたい方は下記よりご覧いただけます。

<魔法少女育成計画restartあらすじ>

<魔放送女育成計画restartキャラ紹介>

 

それでは中身に入っていきましょう!

※以下ネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

 

魔法少女育成計画(前)(後)表紙魔法少女育成計画(前)(後)裏紙

 

 

仮想空間ゲーム「魔法少女育成計画」に強制参加

 

本作品のメインヒロインであるペチカの魔法端末に

1通のメールが届く。

 

と共に、部屋のベッドに寝転んだはずが、どこかの荒野に

寝転んでいた。

そう、メール受信と共に異空間に飛ばされてしまったのであった。

 

異変に築いたペチカは先ほど端末にメールを受信したことを

思い出し確認してみると、端末は勝手に動き、操作が効かず

 

「チュートリルモード」

 

という件名のメールについての説明が流れ始めた。

 

「チュートリアルモードでは魔法少女育成計画の戦闘を

実際に体験していただきます。敵を倒してください。」

 

と表示後、異空間の地面が揺れ始め

地面からスケルトンが5体発生する。

この5体のスケルトンを倒すペチカだが、余り戦闘向きではない為

倒したはずの1体目から足をつかまれ逆に倒されてしまいそうになる。

 

そこに、アカネが現れスケルトンを全て倒してくれた。

助けてくれたはずのアカネにペチカは首を絞められて殺されそうになる

 

「音楽家か?」

 

とアカネに聞かれ、その後ペチカが音楽家ではないことが分かると

アカネは去っていった。

 

 

他の魔法少女も同じように異空間に飛ばされる

 

ペチカと先ほどのアカネの他にも、全員で16名の魔法少女が

「魔法少女育成計画」と呼ばれる空間に飛ばされる。

 

その後、各魔法少女にまた一通のメールが届く

 

「魔法少女は街に集合してください」

 

ペチカは荒野に建つビルでクランテイル、御世方那子、リオネッタ

に遭遇するが、先ほどのアカネの件もあり身を潜めたがメール着信音で

3人に見つかり、拘束されたまま街へ連れていかれた。

 

他の魔法少女たちも、それぞれ街へむかった。

 

 

「魔法少女育成計画」のゲーム説明

 

全ての魔法少女が街へ到着すると、端末にサポートコマンドが

表示され、このゲームのマスコットキャラクターのファルが立体映像で

端末から出現する。

ファルからこのゲームのルール説明が解説される。

 

  • 「魔法少女育成計画」という仮想空間のゲームである
  • 他言厳禁、強制参加
  • 仮想空間で3日間→現実で3日間→仮想空間で3日間が繰り返される
  • 仮想空間で死んでも現実ではダメージが無い
  • モンスターを倒して、ゲームクリアを目指してもらう
  • モンスターを倒すとマジカルキャンディーが貰える
  • マジカルキャンディーは仮想空間内の通貨(アイテム等が買える)
  • クリア賞金は100億円、ステージクリアは100万円、参加費10万円
  • 4人までパーティーを組めて、あとでメンバー変更可能

といった内容であった。

 

パーティーは

  1. ペチカ、クランテイル、御世方那子、リオネッタ
  2. マジカルデイジー、のっこちゃん、@娘々、夢の島ジェノサイ子
  3. プフレ、シャドウゲール、マジカルワンダー
  4. ディティック・ベル、チェルナーマウス、ラピス・ラズリーヌ、メルヴィル
  5. アカネ

となった。

 

 

マジカルデイジー死亡、デスゲームの始まり

 

普通のスケルトンではなく、赤色のスケルトンが出現。

マジカルデイジーは自身の魔法「デイジービーム」を放つ。

 

赤色nスケルトンに命中するも、なぜか自分に直撃。

 

赤いスケルトンは遠距離攻撃は反射する効果があり

それをしらなかったマジカルデイジーはゲーム脱落となってしまった。

 

 

その後、3日間の仮想空間でのゲームは終わり

3日間は現実に戻る時がやってきた。

そこで、ファルから”二つの事が発表”される。

 

一つは、現実に戻る前にはイベントが発生するということ。

一つは、ルール変更でゲーム内の死=現実の死になったこと。

 

事実上、マジカルデイジーは死んでしまった。

イベントはプフレが勝利して景品が贈与された。

 

 

再ログイン後、マスクドワンダーに悲劇

 

現実での3日間を終えると再び仮想空間で3日間過ごさなければ

ならない。

 

魔法少女たちは、それぞれパーティーと合流をしていた。

 

だが、プフレとシャドウゲールのパーティーだった

マスクドワンダーがログイン直後に何者かに殺されてしまった。

 

それにより、街に魔法少女が集まりプフレが犯人を捜しをする。

 

犯人、つまりこの中に裏切者がいるということで

殺されたマスクドワンダーの端末内の所持品が盗まれており

1人1人の端末をチェックしていった。

 

皆、盗んだアイテムは持っておらず最後に残ったアカネ

も端末を見せるようにプフレが言うと、アカネはそれを拒否。

周りは完全にアカネが犯人だと思い

夢の島ジェノサイ子がアカネに横やりを入れると

アカネはジェノサイ子を斬った。

 

そのまま戦いは激化し、暴走するアカネに@娘々がトドメをさす。

 

 

最悪のイベント発生

スポンサーリンク

 

マジカルデイジー、マスクドワンダー、夢の島ジェノサイ子、アカネ

が死んでもゲームは終わらず、この過酷なゲームを生き残った者は

クリアを目指して強制させられる。

 

各魔法少女は、それでもステージを進めていき

また仮想空間での3日間が終わる。と同時にまたイベントが発生する。

そこで、出されたイベントは

 

「マジカルキャンディーの数が1番少なかった1人が死亡する」

 

であった。

 

一同は動揺するが、少なかった”1人”なので

皆同じ数に調整すれば誰も死なずに済むことが分かり

全員のマジカルキャンディーの数を均等にし皆で確認した。

 

 

 

はずだったのに、なぜかチェルナー・マウスだけ

1個少なくなっていて死んでしまった。

 

 

斬られたはずの夢の島ジェノサイ子現る

 

いまだどこかに裏切り者が混じったまま、ゲームを進めていく。

 

チェルナー・マウスの死により、裏切り者がいるかもしれないので

パーティーを抜ける者や仲間の死によってパーティーが少なくなったりしていた。

ペチカのパーティーのみ皆無事でそのままだった。

 

ゲームを進めていくと、最終ステージの2つ前でボスのドラゴンが出現。

それを倒さなくては次に進めず、プフレは生き残っている全魔法少女に

協力を要請。

 

そして、全魔法少女が集まり

力を合わせ、作戦を練り、いざ戦おうとする時に突然夢の島ジェノサイ子が現れる。

 

夢の島ジェノサイ子が生きていたことを@娘々が喜び

抱きついているところに、ドラゴンの攻撃が命中し2人とも死んでしまった。

 

 

まとめ

 

魔法少女育成計画restart(前)はいかがだったでしょうか?

 

完結にまとめる為、多少省略した部分もありますし

前後した部分もありますのでご了承ください。

 

さて、突如始まった仮想空間でのゲーム。

ゲーム内の死は現実でも死。

その上、裏切り者が潜んでいるという過酷さ。

 

restart(前)では

  • マジカルデイジー
  • マスクドワンダー
  • アカネ
  • チェルナー・マウス

が犠牲になってしまいました。

restart(後)ではどうなるのか、、、?!

 

では、またrestart(後)ネタバレ・感想でお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-漫画・小説, 魔法少女育成計画restart