アニメ

魔法少女育成計画スノーホワイトは実は最強?その後のネタバレ

魔法少女育成計画のメインヒロインである「スノーホワイト

内気っぽい彼女が魔法少女として果たして強いのか?最後まで生き残るのか?

今回はスノーホワイトの強さや、魔法の特性などを考察していきます。

 

また、魔法少女育成計画その後のスノーホワイトなんかも

見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

弱気なスノーホワイトは実は最強?

魔法少女育成計画では

マジカルキャンディーが一番少なかった者が魔法少女はく奪

というルールでストーリーが進んでいきます。(魔法少女はく奪=死亡)

 

スノーホワイトがリップルを止める

 

そこで魔法少女たちがとった行動は、他の魔法少女から奪うこと。

もともと”マジカルキャンディー”は人助けをすることで取得できるが

人助けに向いていない魔法効率、何より死の恐怖から

魔法少女同士で奪い合い、殺し合いに発展してしまいました。

 

スノーホワイトはというと、キャンディー集めにおいて超有利な魔法です。

(困った人の心の声が聞こえる)

だが戦闘面では望ましくなく”弱い”部類に入ります。

しかし、そんな弱いスノーホワイトを守る魔法少女が多く

結果的に守られてばかりで最終的に生き残った。という感じです。

 

スノーホワイトのその後の展開は?

魔法少女育成計画JOKERSスノーホワイト

 

魔法少女16人の中で生き残ったスノーホワイト。

 

クラムベリーの悪事を知った彼女は、自分たちの時以前にも

同じ事を繰り返しているのを知り、クラムベリーに協力している者がいるのが発覚。

その後、悪事を働く魔法少女の捕獲などをする”魔法少女狩り”をする。

片手には”ルーラ”と名付けた薙刀を持ち戦う。

魔法も少し変化してきて、当初は困った人の心の声が聞こえたのが

今では相手の動きなどを心の声で読み取れるようになった。

その為、相手の次の一手が分かり戦闘面では強くなった

 

スポンサーリンク

まとめ

 

16人の中から生き残り、その後は”魔法少女狩り”を行うスノーホワイト。

小説では、restart、JOKERS、ACESでも登場する。

魔法少女なりたての頃のキラキラ感は今はあまり感じられない様子。

同じく生き残ったリップルからはスノーホワイトを助けたい

と思われている模様。

 

以上、スノーホワイトの強さやその後についてでしたが

いかがだったでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

【その他の魔法少女】

<ラ・ピュセル>

<ねむりん>

 

スポンサーリンク

-アニメ