その他 漫画・小説

魔法少女育成計画ラノベ小説の面白さや感想など全体的レビュー

2017/02/21

魔法少女育成計画ラノベ1話

 

原作:遠藤浅蜊によるライトノベル

「魔法少女育成計画」作品。

2016年10月には無印の魔法少女育成計画をもとに

テレビアニメも放送されました。

 

そんな魔法少女育成計画ですが

そもそも魔法少女育成計画は面白いのか?

どんなところに見どころ(読みどころ)や

魅力があるのかをご紹介できればと思います。

 

(因みに、ネタバレではないからね!!)

 

スポンサーリンク

 

魔法少女育成計画とは?残酷なのか?

魔法少女というと、魔法を使って悪者をやっつけたり

魔法を使ってみんなのヒーロー(ヒロイン)に

なったりするのが一般的というかそういったイメージがします。

 

しかし、この魔法少女育成計画(以下:まほいく)は

そんなファンタジー感があふれたりしません。

 

ある意味残酷です。

 

これは、原作者の遠藤浅利氏がマルイノ氏との

対談(このマンガWEBより)でもコメントしていたように

”禁じ手なし”というのが好きらしい。

というのも、魔法少女は”見えない何か”で守られていて

ひどい目には合わないだろうという「お約束」てきな

ものが好きではないとの事だ。

その結果、魔法少女の残酷なシーンが生まれのか・・・。

 

ただ、はなっから魔法少女が酷い目に合うのではなく

結果的そうなってしまうといったコンセプトもあるそうだ。

 

私自身、まほいくを読んで感じたのだが

魔法少女という夢物語的で非現実的な存在なのに

現実的な世界観があるのは確かだと思う。

これも、「お約束」を抜きにし、且つ「結果的に」

という遠藤浅利氏の作り込み故なのだろうか。

 

スポンサーリンク

 

ストーリー展開

まほいくのストーリー展開は個人的な意見なのだが

「推理小説」的な感じがします。

(そんなに推理小説読まないけど;;;)

無印は言それほどそんな感じではないのだが

restart以降は特に推理小説感がする。

 

真の黒幕の存在を隠すように

他の存在を悪者のように見せる。

しかし、ストーリー中盤~終盤の間あたりで

真の黒幕の正体が判明する。

序盤~中盤はそのための伏線。

終盤は黒幕の正体が判明し戦いが激化。

といった感じ。

特にrestartはこれが2重3重にくまれていて面白い!

 

 

全体的な感想

う~ん、一言で表すなら「文字のミスディレクション」です。

 

少しネタバレになってしまうかもしれませんが

「○○は○○にいるよ!」て感じ(笑)

全部表しちゃうとまだ読んでない人はつまらなく

なってしまうかもしれないので・・・。

ヒントは、「意外と敵って想像しちゃうもんです」ってことww

 

まあ、まほいくは面白いです。

特に中盤の終わりあたりからググッと来ます(笑)

 

スポンサーリンク

-その他, 漫画・小説