漫画・小説 魔法少女育成計画restart

魔法少女育成計画restartペチカが魔法少女になれたのは偶然だった

まほいくペチカ

魔法少女育成計画の2作品目である

魔法少女育成計画restart」の主人公的な存在

であるペチカについてネタバレをしていきます。

 

ペチカのポジションはスノーホワイトのような

ポジションでrestrt(前)の表紙を飾っています。

 

ペチカはいったい活躍するのか?

弱小ペチカが魔法少女になれた理由とは…!?

スポンサーリンク

結局活躍するシーンは1回のみ。

突然、マジカルフォンに一通のメールを受信し、

仮想空間に飛ばされたペチカ。

 

飛ばされた直後にチュートリアルとして

スケルトンと戦うことに・・・。

だが、戦闘力はおろかメンタル面が弱い

ペチカは早くもスケルトンに倒されそうに。

 

突然現れたアカネにスケルトンを倒してもらい

何とか事なきを得た。

(アカネ自身は助けたつもりではないが)

 

その後、仮想空間内のゲームで

クランテイル、御世方那子、リオネッタ

が仲間になったが、足を引っ張るばかり。

最後の最後まで敵との戦闘は仲間に任せ

自分は料理当番のみ。(魔法ゆえ)

 

「記憶回復装置」が発動後に

メルヴィルに襲われ、自身が死にそう

になった時、地面を丸ごとスープに変えて

メルヴィルを巻き込む。

しかし、メルヴィルは強く少しの所で

歯が立たず。

 

助けに来たクランテイルが

メルヴィルの矢に狙われているところを

いつも助けてもらってばかり」と

みずから身を投げ出しクランテイルを救う。

 

矢を受けたペチカは死んでしまった。

スポンサーリンク

ペチカが魔法少女になれたのは偶然だった。

魔法少女育成計画restartで登場する16人は

「クラムベリーの子供たち」である。

<クラムベリー>

 

クラムベリー

ペチカもまたその一人。

クラムベリーが魔法少女たちを殺し合わせ

残った者のみを正式に魔法少女としていたが

なかには、生き残る魔法少女の数が0人のときも。

ずっと0人が続くと「魔法の国」に怪しまれる

ので、時々適当に合格者をだす。

そうしてたまたま選ばれた魔法少女こそ

ペチカなのだ。

なので、当然ながらメンタル面含めて弱いのに

魔法少女になれたのだった。

 

まとめ

 

結局ペチカはここまでの道のりはある意味「運」

で進んできたのかもしれない。

魔法少女になったあとの使い道も

自分の好きな人に良く見られたい為に

魔法を使っいたりと、魔法少女の仕事としては

たいしたことは無い。

 

restartでは主人公のようなポジションだったが

主人公がバッドエンドのパターンになる。

 

以上!魔法少女育成計画restartのペチカのネタバレでした。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

-漫画・小説, 魔法少女育成計画restart