漫画・小説 魔法少女育成計画restart

魔法少女育成計画restartキャラ別ネタバレまとめ

2016/10/06

魔法少女育成計画restartキャラ別ネタバレ

 

「魔法少女育成計画」のキャラ別ネタバレに続き

「魔法少女育成計画restart」でもキャラ別ネタバレを公開していきます。

因みに、「魔法少女育成計画」のキャラ別ネタバレは下に張っておきます。

 

<魔法少女育成計画ネタバレありのキャラ紹介前半>

<魔法少女育成計画ネタバレありのキャラ紹介後半>

 

スポンサーリンク

前回は、前半と後半で別れてしまいましたが、今回は一つに

まとめていきます!

 

記憶回復装置

尚、以下のネタバレには”記憶回復装置”が発動後の話も

含まれています。

記憶回復装置”とは作中でディティックベルが見つけだし

発動することで参加した魔法少女たちの知られざる過去が蘇る装置です。

それを踏まえた上で、マスターサイドからご覧になることをオススメします。

 

<魔法小少女育成計画restartマスターサイド>

 

それでは、キャラ別ネタバレをしていきます。

※以下、ネタバレ要素を含みます。

 

 

ペチカ

まほいくペチカ

 

主人公的存在で思いを寄せている男子に、魔法の力で作った弁当で

アプローチをする。なぜ、その男子に惹かれたかはゲーム内の

記憶回復装置”が発動してから発覚。

昔、仲がよかった友達に似ているからであった。

記憶が消される以前はクラムベリーの存在はしっており

その悪事も知っていた。もちろんメルヴィルのことも。

記憶回復後にメルヴィルに一方的に攻撃され、一度は形勢を立て直すが

仲間を助ける為身代わりになって死んだ。

 

 

リオネッタ

まほいくリオネッタ

 

ペチカ、クランテイル、御世方那子とゲーム内では同じパーティー。

実は、メルヴィルに脅迫させられゲーム内の魔法少女を倒すのに

手を貸していた。

死んだジェノサイ子を操り、@娘々を殺したのはリオネッタだった。

最後は仲間であるペチカを助ける為に、脅迫を押し切りメルヴィルと戦うが

殺されてしまう。

 

クランテイル

まほいくクランテイル

 

ペチカ、リオネッタ、御世方那子とゲーム内では同じパーティ。

いつも、リオネッタ御世方那子の言い争いを止める役。

記憶回復後はペチカの身を心配し急いで駆けつけるが一足遅く

自身に飛んできた矢をペチカに守られて生き抜く。

その後、下半身をドラゴンに変身させメルヴィルを倒す。

最後まで生き残った魔法少女の1人。

 

御世方那子

まほいく御世方那子

 

ペチカ、リオネッタ、クランテイルとゲーム内では同じパーティー。

いつもリオネッタと言い争いをしているが、実はのっこちゃん

感情を魔法で操作させられて言い争いになっていた。

不在だった魔王の手がかりを探しているときに、リオネッタと言い争い

それが原因でリオネッタがモンスターに襲われそうになり

”はっ”としてリオネッタを助けて自身が犠牲になった。

 

プフレ

まほいくプフレ

 

シャドウゲール、マスクドワンダーとゲーム内ではパーティー。

シャドウゲールとは、現実世界でも主人・執事の関係。(主人側)

最後まで生き残る1人であり、のっこちゃんが魔王であることを当てた。

 

シャドウゲール

まほいくシャドウゲール

 

プフレ、マスクドワンダーとゲーム内ではパーティー。

シャドウゲールとは、現実世界でも主人・執事の関係。(執事側)

最後まで生き残る1人。

プフレに命令され作中でボスのドラゴンを無限狩りをしたり

巨大戦車を作ったりと基本的にプフレの裏方役。

 

マスクド・ワンダー

まほいくマスクド・ワンダー

 

プフレ、シャドウゲールとゲーム内ではパーティー。

戦闘力が高いことから、プフレがイベントで獲得した

レアアイテム(モンスター討伐時のレアドロップ品の確立が増えるアイテム)

に託されるが、3日間のインターバルから仮想空間に戻った際に

メルヴィルに殺されてレアアイテムを盗まれる。

 

マジカルデイジー

まほいくマジカルデイジー

 

自身の魔法であるビームは分子レベルで消すことができるが

ゲーム内で遠距離攻撃を反射する”赤いガイコツ”にビームを当てた所

自分に反射して死んでしまう。

当初は、ゲーム内の死は現実では影響ないはずだったが

キークのルール変更により死んでしまった。

 

のっこちゃん

まほいくのっこちゃん

 

実はこのゲームの真の魔王である。

病気の母をもっており、お金に困っている所キークから連絡がはいり、

「魔王としてゲームに参加し、最後まで生き残れば100億円の報酬」

というのに同意して魔王としてばれないようにゲームに参加した。

最後はプフレに見破られ、お金を母に渡すことを条件に自害した。

 

@娘々

まほいく@娘々

 

ジェノサイ子、のっこちゃん、マジカルデイジーとパーティー。

途中でアカネジェノサイ子が殺されてしまいひどく落ち込むが

ボスのドラゴン戦で突如死んだはずのジェノサイ子が現れ

飛び込んできたジェノサイ子を受け止めた際に

ドラゴンの攻撃で死んでしまう。尚、ジェノサイ子リオネッタが操っていた。

 

夢ノ島ジェノサイ子

まほいく夢ノ島ジェノサイ子

 

@娘々、のっこちゃん、マジカルデイジーとパーティー

ストーリー途中でプフレアカネがもめた際に割り込んだが

その際にアカネに斬られてしまい死んでしまう。

後に登場したジェノサイ子は死体をリオネッタに操られていただけ。

 

ディティック・ベル

まほいくディティック・ベル

 

魔法少女以外に現実では”探偵”の仕事をしていて

3日間のインターバルの際に現実世界で裏切り者などを調査していたが

それも、のっこちゃんの魔法によるものだった。

最後に”記憶回復装置”を発見するもメルヴィルに後ろから殺されてしまう。

 

ラピス・ラズリーヌ

まほいくラピスラズリーヌ

 

ラピス・ラズリーヌは先代がおり、その魔法少女から襲名した名前だった。

その為、キークが集めたクラムベリー絡みの魔法少女16名のはずだったが

実は関係していたのは先代で、唯一無関係な魔法少女なのにゲームへ参加させられていた。

メルヴィルに襲われているクランテイルペチカを助けるべく参戦するが

あと一歩のところで負けて死んでしまう。

 

チェルナー・マウス

まほいくチェルナーマウス

 

ゲーム内通貨である「マジカルキャンディー」が一番少ない

魔法少女が死ぬ。というイベントでキャンディーの数を皆そろえたはず

だったが、メルヴィルによって数を1個減らされており

その結果、チェルナー・マウスは死んでしまった。

 

メルヴィル

まほいくメルヴィル

 

森の音楽家クラムベリーを崇拝している魔法少女で

昔、クラムベリーにてを貸していた。それが「魔法の国」発覚し

魔法少女の資格をはく奪させられるが、ゲームに参加したことで

魔法が復活し作中では魔王のように思われたが、ゲームで生き残り、また魔法少女

となる為クラムベリーが行っていた事をゲーム内で同じく行っていた。

 

アカネ

まほいくアカネ

 

他の魔法少女より、うっすらと昔の記憶がのこっており

終始”音楽家か?”という問いを出会う魔法少女にしていた。

メルヴィルアカネによって皆の記憶が戻らないか危惧していた。

プフレとのいざこざの時に助けに入った@娘々に殺されてしまう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

魔法少女育成計画restartのキャラ別ネタバレはいかがだったでしょうか?

結局生き残ったのは

  1. クランテイル
  2. プフレ
  3. シャドウゲール

の三人です。

 

今回は無事1つにまとめることが出来ましたが

長くなってしまいました。最後までご覧いただきありがとうございます!

 

キャラ別ネタバレ時に、魔法少女の各魔法については詳しく

かかなかったので下記の記事よりご覧ください。

 

<魔法少女育成計画restartキャラ一覧>

 

以上!魔法少女育成計画restartキャラ別ネタバレでした!

 

スポンサーリンク

-漫画・小説, 魔法少女育成計画restart