漫画・小説 魔法少女育成計画limited

魔法少女育成計画limited小説あらすじと前作との比較を考察

2016/10/07

魔法少女育成計画limitedあらすじ

 

制限時間は24時間。

魔法少女たちによる命がけの「追いかけっこ

が始まる。

 

スポンサーリンク

 

”清掃委員会”で生徒が6人と先生1人が理科準備室に集まる。

集まった生徒と先生でいざ、清掃委員についての話をはじめようとすると

天井から光が下りてくる。

 

その光は、テーブルに落ちるにつれて光は弱まり

集まったみんなの視線が”それ”に集まる。

光の正体は15cmほどの人型の妖精で

 

君たちには魔法少女の才能がある。

 魔法少女になって、追ってくる悪い魔法少女を撃退してくれ!

 

と言われ、気が付くとみんな魔法少女に変身していた。

魔法少女育成計画limited魔法少女に変身後

 

そして、どうして悪い魔法少女を倒さなきゃいけないのか

どうして、世界が危ないのかを知らないまま

悪い魔法少女を”追いかけ始める”のだった。

 

 

魔法少女育成計画、restartとlimitedの違い

 

スポンサーリンク
  • 「魔法少女育成計画」は、実際に街で行われた

魔法少女を正式に決める為の試験、というより選別・殺し合い

でした。

  • restartは仮想空間でのゲーム及び、犯人探しのミステリー要素

が入った作品でした。

 

対して「魔法少女育成計画limited」はキャッチコピーにもあるように

おいかけっこ。それも、タイムリミットあり。

 

3つを比較すると、無印は単純に魔法少女としての戦い。

restartは仮想空間+ミステリー要素。

limitedはタイムリミットありの時間との戦い。

 

これが大きな違いになっています。

 

まとめ

 

今回の「魔法少女育成計画limited」は時間との戦い。

もちろん、魔法少女との戦闘もアリ!

 

前作、前々作と同じく16名の魔法少女でストーリーが

展開されていきます!

 

<魔法少女育成計画limitedキャラまとめ>

 

今作品もまた違った角度から楽しめることでしょう!

気になる方は是非読んでみるべし!

 

スポンサーリンク

-漫画・小説, 魔法少女育成計画limited