その他 漫画・小説

魔法少女育成計画F2P漫画1巻ネタバレ・感想

魔法少女育成計画F2Pの漫画1巻を購入して

読み終えたのでネタバレや感想をかいていきます!

 

魔法少女育成計画F2Pのあらすじなどは下記より

ご参照下さい。

<魔法少女育成計画F2Pあらすじ>

 

魔法少女育成計画F2P、初めから急な展開で

激しい内容になっていました!!

 

それでは、気になる中身を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

いきなり死亡!?

F市に「死をキャンセルできる魔法少女」がいる

ということで、調査に向かったすぴのんアルマ

 

その2人がF市に着いて見たものは

”結界”だった。

結界とは言え入ることができたので2人のうち

すぴのんが結界内に入る。

続いてアルマも入ろうとする、、、が

中には入ることができなくなっていた。

 

とその時、すぴのんが何者かに攻撃され

見るも無残に死んでしまった

 

それと、同時に結界に入れなかったはずのアルマが

結界に入れるようになる。

アルマがすぴのんの姿を見たときにはすでに

生き途絶えていた。

 

その後、アルマはすぴのんを殺した連中に取り押され

捕獲されてしまう。

 

F2Pの魔法少女の構成

mahoiku-f2p

F市に調査にいったすぴのんやアルマ

その他にも「魔法の国」より指令を出している

者たちは、魔法の国サイド。

 

一方、すぴのんを殺しアルマを捕まえた連中

は「レジスタンス」

つまり反逆者たちである。

 

構成は以下のようになっている

 

【魔法の国】

  • アルマ
  • すぴのん
  • ファン・リート・ファン
  • ジューベ
  • パペタ

【レジスタンス】

  • 小山内晶
  • ウェン
  • ステラ・ルル
  • セラセラ
  • メルティペイン
  • ミース

 

捕まったアルマはその後・・・

レジスタンスにつかまったアルマは

自分もすぴのんみたいに殺されると思っていた。

 

だが、アルマの魔法の能力に価値を感じ

殺されることは無かった。

それだけではなく、結界内にレジスタンスの自宅があり

そこで監禁されるわけでもなく、むしろ

もともと仲間だったかのように接することになる。

 

レジスタンスたちは自宅で魔法少女の姿ではなく

変身前の姿でいる。

もちろん、アルマもそうしている?そうされている?

 

一方、魔法の国は

調査に行っすぴのんとアルマから連絡が帰ってこない

魔法の国では、原因など調べる為に

ジューベ、パペタ、ファン・リート・ファンの3人が動く。

 

ジューベの魔法で

”死をキャンセルできる魔法少女がF市にいること”

”すぴのんとアルマ、少なくとも片方は命を落としたこと”

”F市には魔法の国に敵意を持っている魔法少女がいること”

は分かっていた。

 

だが直接的な原因は分かっておらず、

ファン・リート・ファンを派遣して調査を進める。

 

結界内に入ったファン・リート・ファンはレジスタンス

と戦うことになる。

ファン・リート・ファンは強い魔法少女だが

数の暴力で結局死んでしまう。

 

スポンサーリンク

 

結界について

結界はレジスタンスのウェンが作成していおり

結界を解除するのには2年はかかるようにできている。

 

結界の機能は中にいる「定員」+1人まで可能にしてある。

 

レジスタンスにメンバーは全員で6人、それに

アルマがいるので合計7人。

定員は7人で+1人までは入れるので計8人までは入れる。

(アルマが捕らわれる前は定員6人に設定してあった)

 

因みに、この結界の目的は外部から入れる魔法少女の数を1人とし

その1人の魔法少女に対して中にいる魔法少女の数で袋叩きにする戦法だ。

 

まとめ

急な展開だが、ようやくすると

F市に死をキャンセルできる魔法少女がいるということで

「魔法の国」は調査を進めるが、調査していく中で

「レジスタンス」という反逆グループがF市に結界をかけて存在していた。

調査の中で2人の魔法少女が犠牲になり、1人は捕らわれることに。

 

といった流れです。

まだ話の核になる部分までは話されていないが

なぜ、レジスタンスは反逆するのかなどが

これからわかってくるだろう。

 

因みに、F2P一巻の最後に「死をキャンセルできる」魔法少女が

誰かが書かれています。

気になる方は是非読んでみて下さい!

 

スポンサーリンク

-その他, 漫画・小説