漫画・小説

「魔法少女育成計画F2P」14話ネタバレ・感想!「新たなる侵入者!?」

mahoiku-f2p

出典:このマンガがすごい!web

 

 

こんにちは、こんばんは!

前回から日が空いてしまったのですが

「魔法少女育成計画F2P」の14話のレビューを

していきたいとおもいます!

 

前回(13話)はアルマが”何者か”に捕まってしまったが

その行方は・・・。

参考⇒【魔法少女育成計画F2P 13話】

 

スポンサーリンク

 

新たなる侵入者

結界内に魔法少女が侵入したことで

動き出すレジスタンス。

今までもそうだったが結界には空きを1人

用意していて、侵入者を1人しか入れないようにし

その侵入者より数で有利な状況を作る。

そういった事を行っていた。

 

しかし、今回侵入されたのは結界の上から。

 

今までは結界の横から侵入したので

見つけやすかったが「魔法の国」も考えて

派遣したのだ。

 

レジスタンス達が集合し、敵を発見したか

確認し合うがそこにアルマに姿はなかった。

この時、アルマはウェンと一緒にいるものだと思い

捕まったことはレジスタンスには

まだ知られていない状況。

 

水琴(セラセラ)は嫌な予感をしていた。

 

 

人事部門からの使い「エイミー」

前回、何者かに背後から襲われ捕まったアルマ。

捕まえたのは「魔法の国」人事部門から

派遣された「エイミー」という魔法少女だった。

 

エイミーからアルマに問われる。

 

アルマは敵か味方か?

レジスタンスの仲間か?

それとも裏切ったか?

 

質問に対し、アルマは今までの事を話し、

そして、アルマの願いである

「みんなを救いたい」ということを打ち明けた。

 

エイミーの答えは・・・

「魔法少女がたくさん載った本」

「レジスタンスが所持しているか調べれれば」

「助けることができる・・・かも」

 

時をほぼ同じくして、エイミーと一緒に来た

「もな子」という魔法少女が監査部門から

派遣された魔法少女を結界の外で処理していた。

 

スポンサーリンク

 

まとめ・感想

内容がごちゃってきたのでここまでの流れを

まとめると、、、

 

もともと、F市に死をキャンセルできる魔法少女

がいるとのことで行ってみると結界があり

中には「魔法の国」に恨みをもつレジスタンスという

集団がいた。

はじめに調査に向かったアルマは捕まってしまい

他にも侵入した魔法少女もいたが返り討ちにあった。

 

一方、「魔法の国」でも

【研究部門】【監査部門】【人事部門】の

各部門でそれぞれ目的?裏の事情?があり

静かに火花を散らしていた。

 

【研究部門】【監査部門】【人事部門】【レジスタンス】

でそれぞれ目的があり、そのために動いている状態。

捕まったアルマは皆を救いたいと思っているが・・・。

といった感じでしょうか。

 

魔法少女育成計画シリーズでもたびたび「魔法の国」

については触れられてきたが

「魔法の国」の三つ巴、そして対立するレジスタンスは

一体どうなるのか。

これから大きく事が進みそうなので楽しみです。

 

そういえば、「魔法少女育成計画F2P」の2巻が

発売されましたね!

WEBでは連載終了になっていたところを読みたい方!

話がとぎれとぎれで一気に読みたい方はこちらの方がよさそうです。

参考⇒【魔法少女育成計画F2P2巻

 

スポンサーリンク

 

-漫画・小説