漫画・小説

【魔法少女育成計画F2P】12話ネタバレと感想「セラセラの魔法の詳細が明らかに・・・!?」

mahoiku-f2p

出典:このマンガがすごい!WEB様

 

公開から日が空いてしまいまいましたが

「魔法少女育成計画F2P」12話のレビューをしていきます!

 

今回の12話では、セラセラの「死をキャンセルできる魔法」

の詳細が明かされています。

セラセラの魔法の正体とは一体何なのか・・・

 

前回の11話については下記よりどうぞ!

<魔法少女育成計画F2P 11話>

 

スポンサーリンク

 

 

セラセラの魔法の本当の意味とは?

前回の11話は”新たな魔法少女”「切り札」

の存在についてだったが

今回はうってかわってセラセラの魔法についてだ。

 

アルマがセラセラに「こんなことはやめないか」

的な相談をする。

もちろん、セラセラサイドをカバーするから、と。

 

セラセラにこの話を持ち掛けた理由は

そんなに戦いがっているように見えなかったため。

 

しかし、セラセラは断った。

 

もちろん、カバーできる裏付けがないこともあるが

戦う理由がなくても、他のみんなと一緒にいる

理由はあるのだとか・・・。

 

昌と馨が”すこしおかしい”ことをセラセラから

話し始める。

その理由は「昌と馨の両親の死を抹消した」からだ。

そう、セラセラの魔法は蘇らせるのではなく

死後の人を対象にする魔法で

死後のひとの存在をなかったことにする魔法であった。

 

昌と馨がすこしくるっているのはそのためで

そもそも親がいなかったことにしてしまった”らしい”

からである。

”らしい”というのは存在がそもそもないことに

したため自分でも認識できなくなっている。

 

罪滅ぼしなのかわからないが

これが”一緒にいる理由”。

 

スポンサーリンク

 

「魔法の国」でも動きが・・・

F市の調査にあたっている「魔法の国」

研究部門のジューベに人事部門の「クリオ」

が”要件”を持ち掛ける。

 

「魔法の国」というのは本編でもそうだが

なにかと裏事情が画策している。

こちらも、探り合い・心理戦っぽいのだが

クリオの要件とはしばらく前に

F市で人事部門の魔法少女がいなくなり

その魔法少女がもっているアイテム

「歴史上すべての魔法少女が掲載されている図鑑」

を探しているとのこと。

 

どうしても取り戻したいと

意味深な笑みを浮かべて話した。

 

感想

うーん、うーーーん。って感じ(笑)

これから動きそうな予感は出ている。

 

セラセラの魔法についてはちょっと意外だった。

でも、そもそも「魔法の国」が求めていた

「死をキャンセルできる」とは違うのでは??

 

とはいえ、まだまだ裏が見えない状況なので

今後の展開がきになる!!

 

余談だが、F2Pは期間があいてしまうのと

少しずつ進むので話がとぎれとぎれに

なってしまうwww

まあでも、3月下旬にはF2Pの2巻もでるので

そちらを購入して読み直そう、うん。

 

スポンサーリンク

-漫画・小説