アニメ

魔法少女育成計画アニメ2話ネタバレや感想・原作との違いを考察

2016/12/11

魔法少女育成計画2話ネタバレ「ねむりん死亡?!」

 

魔法少女育成計画のアニメ放送された2話の内容をネタバレと感想を

レビューしていきます!

今回の2話目でついに”始まった”と言える内容でした。

 

マジカルキャンディーの少ない魔法少女から週に1人脱落の

発表がされてから各魔法少女は必死にキャンディー集めをし始める。

現在N市には魔法少女が15名+新たに1人追加予定で合計16名

魔法少女の数週に1人ずつ、計8名まで減らされるので

8週間の間このキャンディー集めの日々が続くことになる。

 

スポンサーリンク

 

 

快調にキャンディー集めをしているのはスノーホワイト

魔法の”困った人の心の声が聞こえる”が有利に!逆に一番少ないのはねむりん。

ねむりんの魔法で夢の世界ではキャンディーがたくさん集まるが

現実世界ではなし。

 

そして、迎えた1回目の結果発表・・・。

やはり、1番少なかったのはねむりん。よって魔法少女はく奪に。

魔法少女専用チャットからも消去されてしまった。

だが、悲劇はここからだった・・・

 

魔法少女の資格は脱落してもその日の24時までは有効。

が、24時を回った後、、、ねむりん(三条合歓)は死んでしまった。

ねむりん脱落

 

リップルとカラミティ・メアリの戦いはそんな穏やかじゃない!

アニメ2話中盤で、魔法少女なりたてのリップルがカラミティ・メアリと

戦う回想シーンがありましたが戦うといってもメアリが銃を数発

リップルが刀ではじくくらいでした。

原作ではそんな優しいものではなく激しい銃撃戦のようでした!

リップルvsカラミティ・メアリ カラミティ・メアリvsリップル

 

また、アニメでは初めからリップルのそばにトップスピードがおり

2人の争いを止めますが、原作ではトップスピードは後から駆けつけて

止めに入る内容でした。

そして、カラミティ・メアリは単独であらわれましたが原作では

マジカロイド44と共に行動していて、もちろん2人の戦いの場にも居合わせていました。

 

トップスピードのホウキってバイク型じゃないの?

アニメではトップスピードが使う魔法のアイテム”ラピッドスワロー”を使い

のリップルを後ろに乗せて飛んでいました。

これは原作でも同じくリップルを乗せて飛んでいましたが

 

ホウキ型じゃないんです!

ラピッドスワロー

厳密にいえばホウキなのかもしれませんが、

原作では、バイクのような形です。

ヘッドライトやミラー、エンジン??と思われるものまで装備してあり

後ろにホウキをくっつけたような形をしています。

 

でも、アニメの方がホウキっぽくてしっくりきますね(笑)

 

※追記

画像はコミカライズですが原作でもバイク型設定です。

アニメでもメアリ戦でバイクに変化しました。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

放送されたアニメ第2話のネタバレと原作との違いを考察してみましたが

いかがだったでしょうか?

アニメ第3話はもっと激化した内容になってくると思います。

次回アニメ最速放送3話10月15日(土)24:00からです!

お見逃しなく!

 

各魔法少女別にネタバレありのキャラ紹介も公開しています!

よろしければご覧ください!

【キャラ別ネタバレ紹介↓】

 

以上!魔法少女育成計画アニメ2話ネタバレ感想でした!

 

スポンサーリンク

 

 

-アニメ