漫画・小説 魔法少女育成計画

魔法少女育成計画漫画第2巻ネタバレ・感想

2016/10/06

 

前回のあらすじ

 

魔法少女になれた者たちが、ある日突然

「マジカルキャンディー」の数を競い合い、奪い合うことになる。

それは

”マジカルキャンディーが一番少ない人は脱落(死亡)してしまう”

からであった。

 

<魔法少女育成計画第1巻はこちらから>

 

人助けをすることで得られるマジカルキャンディーだが

他の魔法少女から奪うことでもゲットすることができる。

 

その為、魔法少女たちの殺し合いが始まってしまったのであった、、、。

スポンサーリンク

 

第1巻では

  • ねむりん
  • ルーラ
  • マジカロイド44
  • ラ・ピュセル
  • ユナエル
  • ヴェスウィンタープリズン
  • シスターナナ

の魔法少女たちが命を落としてしまいました。

 

魔法少女育成計画第1巻ネタバレ・感想

 

残された魔法少女たちは今後どうなるのか、、、。

 

それでは、第2巻に突入していきます。

※以下ネタバレ注意です。

 

 

 

私、魔法少女なんてもうやめる。

 

まほいくスノーホワイト魔法少女やめる

出典:宝島社

 

本来、人を助ける為の魔法少女だと思っていた

スノーホワイトだが、魔法少女同士が争い合うのを見て

 

魔法少女なんていない、いるのは殺人鬼だけ

 

img_0798

出典:宝島社

 

と、一緒にいたハードゴアアリスに向かって言い

魔法少女専用端末を投げ捨ててしまったのである。

 

ハードゴアアリスは必死に止めようとしたがその声は届かなかった。

 

ハードゴアアリスは昔、魔法少女のスノーホワイトに

 助けてもらったことがあり魔法少女になりたいと思った。

 スノーホワイトを探していたのはそんな尊敬するスノーホワイトに

 会いたかったからだったのである

 

 

カラミティ・メアリが街を爆発・襲撃

 

カラミティ・メアリ街爆発

出典:宝島社

 

カラミティ・メアリは以前戦いが途中で終わって

しまったリップルをおびきよせる為に街を爆発していた。

 

案の定、関係ない人達を大勢巻き込んだことに怒りを燃やした

リップルが向かおうとする。

ハードゴア・アリスも自分の叔父(育て親)が爆発のあった街に向かう。

 

 

ハードゴア・アリス正体ばれる

 

叔父を助ける為、爆発現場に向かうハードゴア・アリスだったが

人々を助けようとする魔法少女を横から襲撃するという

スイムスイム、ミナエル、たまの企みによって襲撃されてしまう。

 

ハードゴアアリスvsたま&ミナエル

出典:宝島社

 

だが、ハードゴア・アリスは自身の再生魔法で生き返る。

それを見たミナエル、たまはいったん退いていく。

 

再生したハードゴア・アリスは敵が退いたことを確認すると

変身を解いて、街の中にいる叔父のもとに向かうが

 

ハードゴア・アリス人間姿

出典:宝島社

変身を解いた人間の姿をスイムスイムに見られてしまった”のであった。

 

そのまま、ハードゴア・アリスは刺されてしまい死んでしまった。

変身をすれば回復もできたが、運悪く叔父に遭遇してしまい

変身することはできなかった。

魔法少女は元の人間の姿はバレてはいけない暗黙のルールがある)

 

ハードゴア・アリスは死に際に「アイテム:兎の足」をつかい

なんとかスノーホワイトに合うことができ

 

魔法少女をやめないで

 

出典:宝島社

お願い、スノーホワイトを消さないで。

あなたがいればこの街から魔法少女は消えない。

 

と、捨てたはずだった魔法少女専用端末を渡されて死んでいった。

 

 

スノーホワイトハードゴア・アリスの思いを背に

魔法少女になる」と心に決めた。

一方、リップルは魔法少女への怒りから

魔法少女になれない」と心に呟いた

 

魔法少女になる魔法少女になれない

出典:宝島社

 

 

カラミティ・メアリvsリップル&トップスピード

 

街を破壊しているカラミティ・メアリのもとに

リップルトップスピードが向かう。

 

前回の戦いとは違い、武器も強化しているカラミティ・メアリ

リップルは苦戦を強いられるが

頭ををうまく使ってカラミティ・メアリを倒すことに成功するのだった。

 

img_0804

出典:宝島社

 

因縁の対決に決着がつき、トップスピード

「よくやったな相棒」「あぁ!」

と分かち合っていた。

 

、、、、が。

 

戦いを終えて疲労のたまっている二人にスイムスイム

襲い、リップルをかばってトップスピードが死んでしまった。

 

スピードスター脱落

出典:宝島社

 

 

ルールが改ざん、魔法少女を3人に減らせ?!

 

またもや誰かのせいでルールが改ざんされてしまい

当初は半分の8人まで減らすのが3人まで減らすことになってしまった。

 

実は、裏でルールを決めていたのは「魔法少女マスター」の

クラムベリーであった。

 

img_0807

 

魔法少女を3人に減らすのに対して不満を抱いた

スイムスイム、ミナエル、たまのもとに突然ファブが現れ

 

「マスターであるクラムベリーを倒せば、その人がマスターになり

ルールを変更できる」といった。

 

それを聞いた3人はクラムベリーを倒しに向かったのであった。

スポンサーリンク

 

クラムベリーvsスイムスイム、ミナエル、たま

 

クラムベリーを襲撃する3人。

 

だが、マスターであるクラムベリーは強く

3人がかりでも苦しい戦いに。

 

動きを止めようとミナエルが魔法で鎖に変身して巻き付くが

クラムベリーにバラバラに切られてしまい

変身中でも体はリンクしている為ミナエルの体もバラバラになって

死んでしまった。

 

ミナエル鎖バラバラ

出典:宝島社

 

強さの格を思い知ったスイムスイムたまを戦いから逃がした。

 

結局クラムベリーと1体1になったが

力も及ばずスイムスイムは力尽きようとしていた。

 

 

トドメをさそうとするクラムベリーに逃げたはずのたまが

戻ってきてスイムスイムを助けるべくパンチをするも

虚しくかすっただけで終わってしまった。

 

たまがクラムベリーにパンチ

出典:宝島社

 

だが、たまの魔法(どんなとこにも素早く穴を開けれる)で

かすったはずのクラムベリーの体に大穴が空いて

クラムベリーは亡くなった。

 

 

クラムベリーとの戦いに無事勝利し、最後にマスターを

倒したのはたまだった為たまがマスターになった。

 

 

、、、が、力付きそうなスイムスイムに裏切れ

助けてもらったたまスイムスイムは殺した、、、。

 

スイムスイム玉を裏切る

出典:宝島社

 

結局、マスターになったのはスイムスイムになったのだ。

 

 

ゲームに生き残った3人

 

ルール改ざん後、3人まで減る魔法少女は

スノーホワイト、リップル、スイムスイムの三人で終わった

 

はずだった、、、。

 

 

ゲームはクリアしたがリップルは、相棒のトップスピード

スイムスイムに殺された仇を打つとスイムスイムの所に向かおうとする。

 

スノーホワイトがリップルを止める

出典:宝島社

 

だが、これでは「結局殺し合いにはかわらない!」と

スノーホワイトに止められる。

そこにファブが煽るようにリップルスイムスイムの弱点を教え

戦わせようとする。

 

 

 

結局、リップルスイムスイムとこへ戦いに行ってしまった。

 

スノーホワイトファブに不信感を抱き

なぜ煽るようなことをするのか問いかけると

焦ったファブはスノーホワイトの魔法(困っている人の声が聞こえる)で

心の声が聞こえてしまい、さらに焦ったファブは本当の目的を

すべて聞かれてしまったのであった。

 

ファブの真実

出典:宝島社

結局、このゲームはファブが”楽しむ為”に企まれていたのである。

 ファブは魔法少女同士の争い、戦い、裏切り、友情などを

 もてあそんで楽しんでいた。

 

それを聞いたスノーホワイトファブを「あたしはあなたを許さない」

といい、ファブを倒すことを決意する。

ファブを倒すにはマスターの魔法少女端末を壊すことで倒せるので

マスターであるスイムスイムの端末をこわすべく

戦っているリップルスイムスイムのもとへ向かった。

 

 

リップルスイムスイムの戦いは、同士討ちでお互い死んでしまっていた。

 

その光景を見たスノーホワイトファブにさらなる怒りで

マスター用端末を壊そうとした。

 

管理用端末を壊している様子

出典:宝島社

 

だがマスター用端末は「魔法の国特製品」で壊れなかった。

 

だがあきらめずにスノーホワイトが壊そうとしていると

以前ハードゴアアリスからもらっていた「アイテム:兎の足」が光り出して

死んだはずのリップルが立ち上がり

その手にはなぜか「魔法の国特製品」の剣を持っていて

その剣でマスター用端末を斬った。

 

管理用端末壊した

出典:宝島社

 

その後

 

端末をこわされファブは見事消滅した。

 

生き残ったスノーホワイトリップル

マスター専用端末を壊されたことで異常を察した「魔法の国」より

クラムベリーの暴走と改ざんの謝罪を受け

正式に魔法少女になったのである。

 

 

まとめ

 

魔法少女育成計画2巻はいかがだったでしょうか?

 

結局、悪党だったのはクラムベリーとファブ。

クラムベリーはマスターの地位を利用してルール改ざんを行って

ファブは人間模様を傍から楽しんでいたのである。

 

おそらく、アニメ放送もここまでだと思います。

 

魔法少女を通じて友情、仲間、悲しみ、裏切り、勇気、強さ、弱さ

を教えてくれる作品でとても素晴らしかったです。

皆さんもぜひ手に取ってよんでみてください。

 

以上、魔法少女育成計画漫画第2巻ネタバレ・感想でした。

 

【魔法少女育成計画キャラ別ネタバレ】

<魔法少女育成計画ネタバレアリのキャラ紹介(前)>

<魔法少女育成計画ネタバレアリのキャラ紹介(後)>

 

【魔法少女育成計画次作ネタバレ】

<魔法少女育成計画restartartネタバレは?>

<魔法少女育成計画restartマスターサイド?クラムベリーとの関係性>

スポンサーリンク

-漫画・小説, 魔法少女育成計画